読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

ソラニンを見ながらコーヒーを啜る午後

 

たとえいつかこの景色が見られなくなるときがきても

そのときまでみんなといっしょにいられれば

それでいいや

きょうはそう思う

(映画 ソラニンより)

ソラニン

 

こんにちはアオ子です。少しお久しぶりです。
今朝起きて、仕事へ行くしたくをしなければ・・とボーッとする頭をゆるゆると回転させながら準備を始めていました。
ふとしたタイミングで次のお休みはいつかなあ、なんて確かめたくなって(シフト制の仕事なので休みがランダムです)スケジュールをチェックすると、なんと今日がそのお休みでした。
思わず拍子抜けの午前。

昨日の日曜日は希望休を取っていて、友人夫妻と彼氏と夕方から買い物にいってきました。
それまでは頭が痛くてひたすら自宅でゴロゴロしていたのですが、寒くなる時間にはメイクをして家を出て、待ち合わせ場所に向かいました。
目的はスノボ用品。
この歳になって初めてスノーボードをすることになりまして、レンタル用品では心細い小物たちを購入することになりました。
友人夫妻は毎年スノボに何度も行っている上手な方たちなので、オススメの激安ショップでアドバイスをもらいながらゴーグルと手袋とネックウォーマーとニットキャップを購入しました。
わたしはしめて3500円ほど。驚異的な安さ。
元スポーツショップの店員さんがいるので、安心して買えるのもありがたい。
プロテクターは友人のものを貸していただけるとのことで、あとは身支度をするだけです。
まだスノボに行くのは少し先ですが、これから楽しみ。
新しいことに挑戦できるのは本当にうれしいことです。

そして今日は想定外の休日。
何も思い浮かばなかったので、やることをやる日にしよう、というなんだかふわふわした日になりました。
滞っていた掃除機を掛けて、お昼にはスーパーに向かって夕飯の買い出しを早めに済ませて、いまは部屋でコーヒーを飲みながらノートパソコンを打っています。
わたしのマイパソコンはデスクトップ型の大きい子なのですが、彼氏のノートパソコンに自分のアカウントを入れてもらっているので、それを使っています。
テレビのある部屋で作業をしたいときにはもってこい。

やることをやる日。

というのは、わたしの履歴書職務経歴書を煮詰める日。ということです。
春までには新しい職場を見つけたいということもあり、
いまは第一志望の企業へ提出するための書類の内容を考えています。

何よりも苦手なことが、まさにそれで。
自分自身のことを見つめるのはとても難しくて、
久しぶりにこんなに考えていて、
日ごろどれだけ適当に過ごしているかが分かってしまいます。

毎日が特別なはずなのに、ポジションや役割を改めて聞かれると、言葉に詰まります。
こうやって日々のことを文字にすることはとても楽しいのに。職場のこともたくさん書こうと思えば書けるのに、それは周りの人がいるからで、自分だけのことになってしまうとついつい目をそむけたくなる、そんな午後。

結局BGM代わりに、昔見た映画「ソラニン」を再度テレビで流しました。
宮崎あおいちゃんと高良健吾くんの出ている、浅野いにお原作の作品です。
アジアンカンフージェネレーションが映画タイトルと同名のテーマソングと、エンディング曲提供をしています。
原作は未読のまま、2回目の視聴。
以前は学生時代に見たのですが、もうそれから何年経ったことか・・。

気になって調べてみたら2010年4月公開でした。もうあれから7年も経つと思うと胸が苦しくなりますね。

おそらくわたしの映画ファイルに当時のソラニンのチラシも入っています。
この映画の桐谷健太くんがロックで最高にすきなのと(特に夜にグラサンしてママチャリ乗っちゃうところ)、
わたしの生まれ育ち愛する多摩川が舞台になっていることが、どうしても忘れられなくて、映像内ではありますが久しぶりの再会でした。

ちょうど周りの友人たちも転機を迎える時期に入っていて、
これからガラリといろいろなことが変わるんだろうな~という感覚は、
なんとなく学生時代と似ています。
大学卒業を控えた就活が終わりの時期とか、高校卒業直前の進路が決定する時期の、未知なる感覚というか。
日ごろ頻繁に会っているわけでもないけれど、心理的に近くにいる友人たちの変化は日々自分への刺激にもなっています。

ソラニンを見ながらそんなことをじわりじわりと思っていました。
青春て若いうちだけじゃないといいな。

 

2杯目のコーヒーが冷めてきたので、

そろそろ夕飯のしたくです。
今日は「油揚げのメンチカツ」がメインです。

 

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]