読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

お中元が届きました。お返しには夏を感じるモノを。

そそりメモ No.23 : お中元


先日実家からお中元が届きました。
毎年の恒例とも言うべきか、この時期には必ず母が送ってくれます。
よくダンボールでお菓子や食品を詰めて送ってくれるのですが、この時期にはお中元という形で届けてくれます。

時候の挨拶含め、1年の初めから半年間の感謝の気持ちを表す贈り物ですが、身内故にそんなに堅苦しいものではありません。

母や祖母はそういった挨拶やマナーについては昔から丁寧で、また口酸っぱく言ってくれていたおかげで、知らず知らずのうちに身に付いていたことに、最近特に気付かされることが多いです。
さすがに弟の就職祝いをささやかに贈ったときに、内祝いを母から頂いたときには申し訳ない気持ちになりましたが、 他の人にも小まめにやりとりをしている姿を見ていると自然と自分にもそういった知識が付いているようです。

学生時代に親戚から入学祝いや卒業祝い、成人のお祝いを頂いたときなど、現金のときは特に半額を親に預けるように言われていました。
幼いわたしは残念に感じていましたが、周りの結婚や出産が増えるにつれ、歳をとるにつれ、そういった大切さを実感します。


近年では縁戚関係との付き合いが薄かったり、またそのやりとりも億劫であったり、逆に気兼ねない付き合いがしたいなどの理由で、お中元やお歳暮はナシにしよう、という方も多いようです。

正直なところわたしも実の母親だから祖母だから、また近しい存在であるからできることであり、恐らく遠縁の人と時候のやりとりをする日がきたらめんどくさいと感じること間違いナシだとは思います。

今のところ日本の奥ゆかしさというか、昔からの贈答行事に趣を感じていて、自宅に届くとやはり嬉しいこともあり、まだその手間を感じたことはありません。

とはいえ元々わたし自身はあまりマメでもなく且つ独身で、そんなに稼いでいるわけでもないので、なかなかお返しを贈るのも簡単ではありません。
何度か母には目をつむっていただき、旅行のお土産を買ってきたり実家に行く際は手土産を用意することで勝手にお返しとしてきました。

今年は仕事が落ち着いてきたこともあり、彼氏から「毎年もらってるのにさすがにそろそろ悪いし、いつも色々頂いてるから、アオ子のお母さんにちゃんとお礼を送ろう」と言ってくれたので、ふたりで実家にお中元を送ることにしました!


ちなみに母が送ってくれたのはジュースでした。

(葡萄のラベル汚れてる…お目汚しすみません)

すかさず開けてしまったので葡萄ジュースのみ開封済みです。

昨年も同じものでしたが、100%果汁のフルーツジュースが大好物なのでかなり嬉しいです。
氷いっぱいのグラスで飲むと幸せです。


お中元といえば夏に向けての贈り物が定番となっています。
暑さ故の体調不良も多くなる季節柄、快適に夏を過ごし、乗り越えられるように、という意味合いも込められています。

ビールやゼリーなど、冷やして美味しいものがラインナップとしてあげられます。
この時期になると百貨店やスーパーやコンビニでもお中元用のカタログが用意されていて、直接出向かなくても気軽に届けられるようになっています。


今年は素麺を選びました。
夏の定番メニューだけれど、なかなか自分で良いものは買わないので、「揖保乃糸」をチョイス。


揖保乃糸は小麦粉の質やめんの細さ、そのほかいろいろな規定のもとに下は上級、上は三神(さんしん)までの5段階で等級が分けられそれぞれ帯の色が違います。
さらにその年に出荷される麺を「新(しん)」、1年間麺を熟成したものを「古(ひね)」と呼び、熟成させたひねの方がコシが強くなり舌触りもよいそうです。

今回は揖保乃糸の上から2番目・特級のひねを注文しました。
質もさることながら、木箱で届けてくれるので高級感あるかな~という勝手なイメージと、楽天でもYahooでも人気のようだったのでソムリエ@ギフトさんで購入しました。

まだ実家には届いてないようなので、母からの感想が楽しみです。


最初はこのカラフルで綺麗な素麺も考えたのですが、迷った末にまずはスタンダードなものにしよう・・と決断。
きっと母はカラフルなほうが好きそうです、またの機会の候補にしておきます。




個人的におすすめなお中元候補

以前頂いて嬉しかったものとしては、缶ジュースの詰め合わせです。
小さな飲みきりサイズがたくさん入っているので、ちょっと物足りないときに飲んだり、分けやすく、お気に入りです。


わたしがお中元で届いたら一番うれしいモノです。
使い勝手のいいお醤油!
普段は安いお醤油にしか買えないので、こういう時に頂けると超うれしいです。
たまに買ってみると、やっぱり美味しいんですよね。

一番すきなお醤油は、昨年千葉の醤油蔵元の直売所で買ったお醤油なのですが、信じられないほど美味しくて、またいつか買いに行きたいです。



お中元シーズン真っ只中。
皆さんも、大切な人と離れて生活している方は特に、お中元を贈ってみてはいかがでしょうか。