読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

Body&Soul スティックリップグロスにそそられて

 
そそりメモ No.19 : Body & Soul (スティックリップグロス)
 
 
 
先日、よく行くコスメショップのワンコーナーが黄緑色に染まっていて足が止まりました。
ミント色のパッケージの正体はBody & Soul(B&S)というブランドでした。
 
 
個性と自分らしさを表現したい現代女性のためのブランドで、「個性よ引き立て!」をコンセプトに商品展開を行っているそうです。
 
アイシャドーやアイライナーになる「シャドーライナースティック」や、リップにもチークにも使える「リップ&チーク クレヨン」といったペンシル型のメイク用品が印象的でした。
 
とりわけ「スティックリップグロス」にそそられてしまい、そんなに値段が高いわけでもなかったので思わず購入。
いつもはディオールの定番グロス・マキシマイザーを使っているのですが、スティック型のグロスってどういうこと?!とウズウズしてしまいました。
 
 
f:id:xxhelloxx:20160531133305j:image
 
パッケージはこちら。
ミント×ブラックがオシャレで可愛いですよね。
リップに限らず、B&Sの化粧品はだいたいこの色のデザインになっています。
 
f:id:xxhelloxx:20160531172853j:image
 
カラーは、ヌーディーとヌーディーピンクの2色。
わたしはヌーディー色が良かったのですが、購入してパッケージを開けたあとに、ヌーディーピンクを買っていることに気づきました!
痛恨のミス!
 
とはいえ、ヌーディーピンクでも実際に使ってみると心配ありません。
思ったよりも薄い色付きです。
特に仕事の日はいつも朝の時間を短縮するためにも適当メイクなので(最悪、唇は何もせずに出勤したりします)これ一本で助かります。
 
f:id:xxhelloxx:20160531192853j:image
 
スティックはこんな感じ。
一見は濃そうな色ですが、実際に唇に塗るとそんなに色目立ちしません。
感覚的にはリップクリームに近いですが、それよりはやっぱり”グロス”寄りです。
グロスなのでそれなりにベタ付きがありますが、液体直塗りタイプのグロスよりは全然ベタベタしていません。
 
唇の温度でスティックが溶けるそうです。
スティックタイプなので気軽に付けられるグロスという感じがします。
わたしは結構ハマりました!
繰り出し式ペンシル型で細身なため、かさばらずに持ち運べ、片手でササッとお直しができるのも良いところ。
 
 
 
 
ちなみに同ブランドの「リップ&チーク クレヨン」の上に重ね塗りするのもいいそうです。
ペンシルタイプのコスメアイテムには毎度とても惹かれるので、こちらもかなり気になります。
”口紅”じゃなくて”クレヨン”てところが、なんだかくすぐったくて、使ってみたい意欲を掻き立てます。

普段はリップとして使えるみたいですが、頬に乗せてから伸ばすとチークにもなるそうです。


リップ&チークも機会があったら買いたいです。
何しろいま使っているチークが全然減らないので・・・もったいなくて・・・。
でも気分を変えるのに違う色味を買うのならありかも!とか、いつも化粧品を見ながら考えてしまいます。 
 
プチプラコスメって高値じゃない代わりについつい手を出したくなってしまうので、結局お金を使ってる気がします。
でもやっぱり色々そろえるのって楽しいですよね。
 
 
グロスに関しては気持ちをちょっと高めたいときはディオール、時間がなかったり軽いメイクで済ませたかったりするときは今回のスティックリップグロスと、しばらく使い分けてみようと思います。