読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

理想の朝に近づくために


f:id:xxhelloxx:20160422083519j:image

おはようございます。
今日は少し早めの起床でした。
おかげでシャワーをひと浴びして、コーヒーを飲みながら、ゆっくりと家を出るまでの時間を過ごすことができました。

わたしの大抵の朝スケジュールはこんな感じです。
少し遅めの仕事始まりなので、朝は遅めです。

(〜1時の間に就寝)
6:30頃に目覚め
7:00過ぎに起床
7:40までにお弁当づくり
7:40に彼氏を見送り。その後再びベッドへ。二度寝かゴロゴロ。
9:00過ぎ 飛び起きてダッシュで身支度
9:40に家を出る


見て分かる通り、8時台をいつも無駄にしています。お弁当を作れないほど眠いときは、ぶっ通しで寝ています。
動かなきゃ〜と分かっていても、目の前の眠気に誘われるままベッドでのんびり過ごしています。

そしてわたしは基本的に朝食を取りません。
ギリギリまでベッドにいたい気持ちがあるのと、朝食の準備が面倒なのと、朝からそんなに動きたくないよ〜という気持ちが先行してしまいます。
でもたまにお腹が空くので、職場に着いてから適当に買ったパンなどで誤魔化すこともあります。


一方でわたしの理想はこんな感じ

爽やかに起床
コーヒーを飲んで、モーニングプレートみたいなオシャレなごはんも食べて、
頭もバッチリ回転している状態で、
余裕をもって身支度を終えて、颯爽と家を出る

というような。
もしくは、さっさと身支度を済ませ早めに家を出て、通勤途中の喫茶店でモーニングを取る、とか。

ドラマや映画などでよく見る、一般的な理想の朝です。
世の中にはこんな素敵な朝を毎日迎えている方々もたくさんいると思うのですが、本当に尊敬します。まさに憧れ。よく朝起きれるなー!という初歩的なところから尊敬。(社会人としてどうなの?と自分でも思いますが…)

遡ること小学生の頃から早起きが苦手です。
部活で朝練に四苦八苦する中学3年間もありましたが、次第に堕落していき、大学生時代は完全に昼夜逆転生活でした。(1限・2限は入れないように心がけていた)
今の家に引っ越してきて、健康的なタイムスケジュールを過ごす(朝ごはんを毎朝自分で作っている)彼氏と一緒に住むようになってから、お弁当作りや見送りをするようになって、一旦は朝起きれるようになりました。(…だいたいは「早く起きなさい」と叩き起こされるのですが…)


そんな超絶朝が苦手なわたしが思う、理想の朝に近づくちょっとした工夫ですが……

やはりシャワーを浴びることが一番効果的

だと思います。
ときどきシャワーを浴びる日があるのですが、今日も然り、確実に目が覚めます。
濡れた髪を乾かしたりしないといけないので、そのままベッドに引きずり込まれることもありません。
顔も洗えちゃうので便利です。

ここまで長い前置きを書いて、結局よくあるそこに落ち着くの?と思うかもしれませんが…。

朝ごはんを食べる時間がなくても、まずは朝シャワーを習慣づけることで、スッキリと目を覚まして家を出ることができます。

残念ながら寒い冬は布団から出るのが辛すぎて、意気地なしのわたしはなかなかうまくいきませんが、これからの温かい時期はチャレンジするのに最適だと思います。
わたしも始めようと思います。
朝活が流行っていますが、わたしの朝活はまずはシャワーを浴びることかな……。

朝シャワーをルーティンに取り込めることができたら、そこから次第にやることを増やしていきます。

自分の理想に近づけるには、

・コーヒーを飲む(メイクをしながらでも)
・朝ごはんを食べる(作ったお弁当のおかずの残りや、予めパンを買っておくなど)

これができれば、
最後に
・朝ごはんを作る(目玉焼きなど簡単で時間のかからないものから)


理想の朝を過ごせるようになったら、より充実度が上がるんじゃないかなーと、期待しています。


家族よりも早く起きて子供のお弁当や朝ごはんを用意する世間のお母様方には頭が上がりません。
わたしは自分が母親になったときに、果たしてそれができるのか、とてもとても自信がありません。今の自分ではまったく母になった姿を想像できません。

結婚すらしていないわたしは、まず自分のための理想の朝を作れるようになりたいです。