読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

休日を満喫。in 大江戸温泉(お台場)



そそりメモ No.7 : 大江戸温泉



祝日明けの火曜・水曜は連休でした。
サービス業の宿命、世間のお休みは我らの稼ぎ時です。
疲れたおかげでお休みの初日は家に引きこもっていました。
朝からいろいろやるつもりが、午前中ぐうたらしてからの昼過ぎにうっかり寝てしまい、16時過ぎに起床。
夕飯作る程度で初日は終了してしまいました。


そして水曜日。
先週デジモンの映画を見に行った友人と、大江戸温泉に行く約束を前々からしていました。
お目当てはデジモンコラボ。なのですが、最近疲れに疲れきったボロボロの体を癒すのも大きな目的。
大江戸温泉は数年ぶりです。

都内有数の温泉施設で、その名は割と有名だと思います。
お台場の他にも店舗はありますが、弱虫ペダル黒子のバスケなど、数々の漫画アニメとコラボをしているのはお台場店です。なので大江戸温泉=お台場というイメージの人も多い気がします。

お台場の大江戸温泉は、ゆりかもめテレコムセンター駅から徒歩5分ほどのところにあり、ビル群に囲まれたオアシスのような存在です。

f:id:xxhelloxx:20160324000534j:image

昼夜と平日・休日で入館料が違います。
私たちは平日の18時以降の入店で、さらに割引を使ったのでひとり1500円で入れました。割引クーポンはいろいろあるみたいです。わたしは持っているセゾンカードで割り引いてもらいました。

浴衣とバスタオル・フェイスタオルもひとつずつ付いて、このお値段。映画を見るよりも安い!
浴衣は5色くらいから選べ、帯の色も好きにセレクトできます。

大袈裟ではなく、本当に手ぶらで来ても楽しめます。

便利なのは、館内の食事などの会計は全て入館時に渡されるリストバンドで管理していること。
お財布はロッカーに入れてしまって問題ありません。入館料も何もかも全て退館時の精算です。
さらに専用ロッカーを貸してもらえて、いつでも出し入れ自由なのも超便利。

入館したらまずは自分専用ロッカーに荷物を入れて、浴衣に着替えます。ルール上、洋服でうろうろすることはできません。
必要ないものはすべてロッカーにしまい、手に持つのは携帯くらいでオッケー。
更衣室からの暖簾をくぐり抜けると、そこは夕どきのお祭り景色が広がります。

f:id:xxhelloxx:20160324002144j:image

ヤグラの周りを露店風のお店が並び、食事から甘味からアルコールまで揃ってます。
フードコートみたいになっているところと、店舗を構えて中で食事ができるようになっているところがあります。
奥には休憩処と、仮眠室なども。

この日は平日の夜ということもあってかなり空いていましたが、土日に行かれる方は座席の争奪戦を覚悟しておいたほうがいいと思います。
数年前の土日にお台場の大江戸温泉にいったときは、みんなで座って休む場所を確保するのに苦労した記憶があり、今回席にゆとりがあることに感動してました。

ちなみに中のお食事も少し強気の金額です。まあでもそこまでめちゃめちゃ高い!というわけでもないですが。現金で払うわけじゃないので、うっかり買いすぎてしまいそうです。

わたしは夕飯にモダン焼きを食べました‼︎
800円くらいだったかな?
水曜日のレディースデーなのか、ドリンクはサービスして貰えたのでラッキーでした。

f:id:xxhelloxx:20160324005334j:image

屋外の足湯も、空気は冷たいけれど足元は温かくて、ほんとに心地良い空間でした。
まだ入浴してすらいないのに既に癒し感が半端ない。

30分くらい足湯を楽しんで、いささか身体が冷えてきてから大浴場へ。
内湯が数種類に、露天風呂もあり。

アメニティは、シャンプー・コンディショナー・クレンジングオイル。洗顔料は見当たらなかったので気になる人は持っていったほうがいいかもしれません。
洗面所にはヘアブラシ、ドライヤーと綿棒と化粧水、乳液、ヘアフレグランスオイル。

洗面所も今回はすぐ座れるほどかなり空いてましたが、前回の混雑時は空くのを待っていたと記憶しています。
ちなみに洗面所は大浴場の脱衣所だけではなく、ロッカーのある更衣室にも用意されています。どちらかといえば更衣室の洗面所のほうが空いている気がします。アメニティもどちらも同様のものが用意されています。

大浴場はなんといっても露天風呂がたまりません。
各種いろいろな温度で湯船が用意されていますが、一番ハマったのが露天風呂の五右衛門風呂でした。
大きな木の桶型のお風呂。たぶん2人くらいしか入れません。
高すぎない湯温と涼しい夜風で、ずーーっと浸ってられます。友人と「なんて気持ちいいんだ」と後半ずっと入ってました。
この五右衛門風呂も前回は混みすぎてて、数に限りがあるために入浴すらできませんでした。
本当に気持ちよくて、極楽!って言葉がまさにピッタリ。幸せで贅沢な時間でした。
できないけどお風呂でお酒飲みたかった〜〜〜!


1時間くらいお風呂を楽しんでから、髪の毛乾かしたりして、フライドポテト食べて、終電の少し前に帰宅しました。
帰宅後、お風呂に入らずしてベッドにダイブできるのは超ラク。めっちゃラク。メイクも落としてるし、歯を磨いてパジャマに着替えておやすみなさい。本当に、なんて素敵な夜だったのでしょう。

帰りのゆりかもめの景色も綺麗でした。
それから、入浴時の立ち上る湯気も。
夜のお風呂って魅力的。



ところでお目当てのデジモンたちは、スタンプラリーなどのアトラクションもありましたが時間の都合上参加はできませんでした。
グッズもあまりピンと来ず、購入には至らず。
ただいろいろな所にデジモン要素が散らばっていて、写真いっぱい撮りました。
載せきれないので1枚だけにしますが、映画も見た上でいくと尚更楽しかったです!

f:id:xxhelloxx:20160324203141j:image

コラボ目当ての大江戸温泉は初めてでした。
久々だったので、完全に初心者気分で向かいましたが、超満喫。これはハマりそう。
周りをふと眺めると、ひとりで来ている人もいたので、それも有りだと思ってしまったり。
でもまた友人とくることを約束して別れました。

やっぱり空いている日が俄然楽しめるしリラックスできます。
癒されに来てるのに、人でぎゅうぎゅうなのは残念かなと。

デートなら大江戸温泉の中だと個人的には浦安店をオススメします。男女でいくなら、浦安の方が水着で入れる外湯のお風呂が充実していて、2人で楽しめるかと。(お台場は男女一緒のお風呂は足湯のみ)
同性同士ならお台場のほうがアクセスも良いし気兼ねなく楽しめるかな〜と。

恋人同士のお風呂デートは、男女別で結局ひとりの時間が多くなるので、時間を気にしてしまうことが多くなりがちです。そうすると折角のデートも気が休まらないし、時間ばかり気にするのも個人的にはもったいない気がするので、そ一緒に入れるところが多い方が楽しめるとどめて思います。

とはいえ、浦安とお台場以外の大江戸温泉はわたしも行ったことがないので、参考程度にとどめておいてください。



既にまた行きたい病です。
中に入ると雰囲気がガラリと変わるので、日帰り旅行気分になれるのもいいですね。

大きなお風呂最高!!