読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオ子のそそられ日記

匂い、あらすじ、見た目、あらゆるものにそそられて。

ソラマチで初マックスブレナーに行きました。


3月12日、日曜日。

久々に墨田区スカイツリーのお膝元、ソラマチに行ってきました。

あいにくの曇天です。
f:id:xxhelloxx:20160313004154j:image

お目当ては、来るホワイトデーに向けて、彼の職場の人に向けてのお返し探しというところ。
部長や同僚の多くが女性のためバレンタインに「彼女と一緒に食べてね」と、素敵なチョコレートを頂いてしまったので(チョコレート革命 - アオ子のそそられ日記にも書いたOGGIのチョコ)デートついでに一緒に選んできました。

f:id:xxhelloxx:20160313004756j:image

スカイツリーの真横を流れる川沿いは、電柱や電線が一切なく爽快な眺め。
これが晴れだったら……と思うと残念です。
写真の上部中央付近にある点は、隣にいたおじいちゃんが飛ばしていた凧です。
こんなビル街の中を凧が飛んでいたので、遠目で見たとき驚きました。



f:id:xxhelloxx:20160313005721j:image
おそらく2年ぶりなので、店舗のラインナップも多少変わっていて、適当にふらふらしながら何か良いものないかな〜と探していました。
チーズケーキ試食したり、餃子まんを食べたり、主に2階のフードマルシェをうろうろ。

結局お返しはジョンカナヤの焼き菓子にしていました。

そうそうに目標を達成し、再びソラマチの中を1店舗ずつ散策。
塩の専門店で自宅用に調味塩も購入しました。


昼過ぎにソラマチに到着したときから目についていたのは、メインゲート入り口付近に並んでいる行列でした。
こんな寒空の下、なんだかたくさんの人が並んでいる……なんだろう??と。

答えはすぐにわかりました。
表参道に出店したときにワイドショーなどで良く取り上げられていた「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」でした。

話題のチョコレートバーです!
実はずっと気になっていたのですが、表参道まで行くのがめんどくさくて、結局行けずじまいでした。まさかソラマチにあるとは、そしてまだこんなに並んでいるとは!

というわけで、17時頃に入り口に戻ってくると、昼間目にしたときよりも空いていたので並ぶことにしました。

中に入れたのは30分後くらいでした。
並んでいるあいだにメニューを見ながら注文する飲み物などを選びました。


わたしは「チョコレートチャンクピザ(¥420)」のスライスと、「サッカオ(¥650)」のダークチョコレートを注文。

f:id:xxhelloxx:20160315201258j:image

定番のチョコレートチャンクピザは、想像通りの味というべきか。
とにかくあまーい!です。
生地はかじると柔らかいのですが、マシュマロの影響なのかナイフで切り分けるのが難しかったです。
個人的には1回食べれれば、2回目はいいかな…?という感想です。
勝手に温かいのかな?と思ってましたが、特にあたたかいわけではなく、かといって冷たいわけでもありませんでした。

f:id:xxhelloxx:20160315201459j:image

謎のドリンク「サッカオ(Suckao)」の全貌はこんな感じ。別名はチョコレートショットと言うらしいです。
左は溶かす用のダークチョコレートチャンク、真ん中は注ぎ足し用ホットミルク、右がドリンク本体ミルク。器の下にいるキャンドルの火で常に温められています。
手前の銀色のスプーンみたいなモノはストローになっていて、手で持つのは熱いからストローで飲んでね、ということでした。

f:id:xxhelloxx:20160315220810j:image

仕組みとしては、自分の好きな分だけチョコレートをホットミルク入れて、溶かして、飲んでね、という流れ。


サッカオ、地味に楽しいです。そして美味しい。。
チョコレートチャンクをつまんでそのまま口に入れるのも、ひんやりしてて美味しいです。
ピザが甘甘なので、最初はチョコレート少なめで飲みました。

セルフサービスで水もあるので、口が甘すぎて大変だー!ってことにはなりませんでした。

ミルクが少なくなってから、溶け残った濃いチョコレートをすくって飲むのもおいしかったです…!



甘いのが得意でない人には、チョコレートのメニューはちょっとつらいかもしれませんね。
そういう人向けに普通のカフェオレやエスプレッソなどのドリンクもあるので、付き合いで行っても飲み食べできるものは用意されています。

今回はマックスブレナーの定番メニュー・チョコレートフォンデュには挑戦できなかったので、いつかチャレンジしたいと思います。
今度は友達と行ってみたいです。



公式サイト